キャリバーとは全ての機械式時計の心臓です。だからこそノモスグラスヒュッテは全て自分たちで作ります。これは機械式時計メーカーにとって非常に珍しいことです。ノモスは素晴らしい手巻きのムーブメントで有名でしたが、そこに自動巻きのムーブメントが次々と加わっています。正確なのは勿論のこと、幾つかのキャリバーは薄く作られています。

このカルーセルは丸みを帯びながら、さらにカーブを描きます。時計のスピナーは、日常生活の歪みを想定しています。革命により歩みが止められることがないことを証明し続けるのが、ノモスが生み出す腕時計の使命です。

毎日数回巻く

ノモスグラスヒュッテ社の手巻きムーブメント

アルファからスタートしたノモスでは今日6種類の手巻きムーブメントが存在します。パワーリザーブ表示や日付表示機構、トノー型、クラシカルなラウンド型などがあります。。それぞれのキャリバーには一つ一つに固有番号が刻まれ、ペルラージュやストライプ模様で仕上げられ、6姿勢で調整される精度はクロノメーター級の水準を誇ります。

手を振るだけで十分です

ノモスグラスヒュッテの自動巻きムーブメント

完全に自給自足です。ノモスグラスヒュッテの自動巻きムーブメントはローターの動きで巻き上げます。ジョギング中やマルティニを掻き混ぜている時の動作を動力に変えて、クロノメーター級の高い精度で時を刻みます。日付機構、ワールドタイム機構などが付加されている場合もあります。

ノモスの腕時計は宝石に富んだ動作をします。小さな宝石は状況に応じて使用されます。

DUW: 独自のキャリバーブランド

今日まで、裏面に「DUW」の刻印があるキャリバーは10種類あります。これは「Deutsche Uhrenwerke(ドイツの時計)」を意味し、ノモス・グラスヒュッテの独立したキャリバー生産者としての能力を裏付けるものです。しかも私たちは、自社製品のキャリバーをすべて、グラスヒュッテで内製しています。

ノモス・グラスヒュッテにおける生産は、ドイツ工作連盟ムーブメントの原則に基づき行われています。そのため、精巧さが求められる点では、最新技術が使用されています。ただし、作業の多くは、ディティールへのこだわりと注意と共に、伝統的な手作業で行われています。ここでは、ゴールドできた時計のベースプレートが丁寧に研磨されています。

従来の自動キャリバーには1つのルールがありました。薄さを追求するか、精巧さを追求するか。両方を一度に実現?それはあり得ないことでした。ノモス・グラスヒュッテのエンジニアたちは、この状況に満足しませんでした。そこで彼らは、連続生産可能な、究極の薄さと精巧さを併せ持つ自動ムーブメント、ネオマティック・キャリバーDUW 3001とDUW 6101を開発したのです。DUW 6101には画期的な日付機能まで搭載されていました。

脱進機、アソルティマン、レグラージ等、小さな、しかしかなり複雑な、ヒゲぜんまい、ガンギ車、アンクルなどから構成される、ムーブメントのパワー源ともなるシステムは多くの名前を持っています。しかし、機械式ムーブメントの心臓部ともいえる重要なパーツを自社内で生産できる時計製造会社はほとんどありません。私たちは例外的なのです。

レーザー加工機により輝きを増し、次の工程に進みます:沢山の小さなラチェットスプリング。

» DUW 3001:「スレンダー・グローバル・センセーション」« Die Welt

ワールドタイムのメカニズムや、パワーリザーブインジケーター、あるいは日付表示などはムーブメントを少しだけ複雑にしていますが、使用するときの機能美は維持され、その機能は正確なのです。

スワンネックの緩急針、バルサウッドの中で磨かれる、ゴールドシャトン、84時間のパワーリザーブを可能にする二つの香箱、ノモスの素晴らしいサンビーム研磨をされたロジウム仕上げの3/4プレート、手作業によって面取りされ、磨き上げられたエッジ。DUW1001やDUW2002というノモスのキャリバーは素晴らしい時計作りのファーストクラスの例とも言えます。

ノモスには語ることがたくさんあります。そのおかげで、ノモスグラスヒュッテとその時計は、多くのメディアに掲載されています。