このゴールドに輝く時計はグラスヒュッテの歴史上でも最高のものとされます。文字盤は鉛筆で描いたのような繊細さ、ノモスキャリバーは美しいサンビームポリッシュ、ゴールドシャトン、手作業で面取りされたエッジ。それは腕時計作りに人生とすべての時を捧げる仕事です。

詳細

時計製作のすべて、完璧なまでのシンプルさ。

ゴールドのマスターピース: ラムダは豊かなプロポーションと比類なき魅力を持ちます。大きなパワーリザーブインジケーターが付いたダイヤルは細かいエッチングによって繊細に描かれています。

ツインバレルの主ゼンマイは蓄えられたエネルギーをノモスアトリエキャリバーDUW 1001に転送し、再び巻き上げが必要になるまで3日と半日間、正確に作動させます。

エレガントなライン: 表側も裏側も、やさしくカーブを描くサファイアクリスタルガラスは18Kゴールド製のケースに流れこむようです。

ホーウィン社製シェルコードバンのストラップは、それ自体が別の小さなアート作品です。へり返し縫いとクッション付きで、ソリッドゴールドの美しいウイングクラスプを装備しています。

»ノモスの最高傑作«

Wirtschaftswoche

ラムダはグラスヒュッテから来た最高の時計の一つだと専門家は言います。この時計がいくつもの賞を受賞したことがその証明です。

どれが一番美しいですか? ホワイトゴールドかローズゴールドか? 文字盤はベルベットのような黒、白い銀、あるいはディプブルー?

我々は2つのサイズでラムダを作ります。より大きい直径42ミリのモデルはホワイトゴールドまたはローズゴールド、3ミリ小さいモデルはローズゴールドのみです。

バージョン

8モデル

ラムダは、他のバージョンもあります

技術

最高レベルの伝統的な時計製品

ファーストクラスの時計スペック: ノモス手巻きDUW1001は、ツインバレルにより84時間のパワーリザーブで、3日半動き続けます。ノモスのアトリエでの手作業で製作されるキャリバーは、170年以上にわたってグラスヒュッテに定義されてきた時計製造工芸へのオマージュです。

ムーブメントを見る