一見して、過去200年間ほとんど変わっていないように見える機械式腕時計。その内部には、歯車、ねじ、スプリング、小歯車、レバーが完璧に配置されています。しかしながら私たちは、職人技の研究と追及を怠らず、常に新たなイノベーションを探求しています。

常に探索すべき新しい何かがある:新素材、表面、仕上げ技術、カウントの変化。今日のウォッチのキャリバーが200年前に比べて大いに進化している理由です。

さらに多くの開発、特許

2014年にノモス グラスヒュッテはノモススウィングシステムによって時計製作ブランドとして自立した日を迎えました。私たちの自社製の脱進機は、業界全体に衝撃を与えました。この小さな部品システムは羽根よりも軽いですが、大きなテクニカルセンセーションです。

センセーションを起こすまでの長い道のり

DUW 3001 / DUW 6101

次世代モーター

ノモス・スウィングシステムに続く、新たな独自の技術によりセンセーションを巻き起こしたのは、初めてのネオマティックキャリバー、DUW 3001でした。これまでより一層フラットで繊細、エレガントなこのキャリバーは自動ムーブメントの新たなスタンダードを生み出しました。2番目のキャリバー、DUW 6101でノモス・グラスヒュッテは、さらに一歩前進。簡単に素早く、前後に設定できる日付機能が登場しました。

DUW 3001:驚異的な薄さ、究極のイノベーション。このキャリバーを搭載した腕時計は、その違いを際立たせます。ネオマティックキャリバーは、時計作りの世界において、自動巻きの大量生産シリーズどの製品よりも大幅に薄型です。

DUW3001を詳しく

DUW 6101:ネオマティック・デート、グラスヒュッテがお贈りするハイエンド・メカニズム。このネオマティックキャリバーは、大きいだけでなく、高さ3.6mmと超薄型です。最適な場所である文字盤のエッジに日付が表示されています。しかも、すばやく簡単に前後に調節可能。これは、ユーザーフレンドリーな機能の一つにすぎません。

DUW 6101のディティール

» 「これは独立宣言である」« Frankfurter Allgemeine Zeitung

ノモスには語ることがたくさんあります。そのおかげで、ノモスグラスヒュッテとその時計は、多くのメディアに掲載されています。