外から見ると、機械式時計は過去200年間で大きな変化はないと言えるでしょう。ギア、ネジ、スプリング、ピニオン、レバーの配置は理論的で完璧です。しかし、ノモス グラスヒュッテでは、伝統と進歩の両方を常にリスペクトし、重視しています。現在に安住せず、私たちは研究を続けています。常に次のブレークスルーを探しています。

プライドのある本格的時計工房は、自らの栄誉に甘んじることはありません。完璧に見えるものも、より微細な点について改善することができます。改質された合金は、より良好な摩擦特性を生み出すかもしれません。新しい歯車形状は、より滑らかな回転を実現するかもしれません。高精度なパーツは、新しいコンプリケーションを可能にするかもしれません。

さらに多くの開発、特許

2014年にノモス グラスヒュッテはノモススウィングシステムによって時計製作ブランドとして自立した日を迎えました。私たちの自社製の脱進機は、業界全体に衝撃を与えました。この小さな部品システムは羽根よりも軽いですが、大きなテクニカルセンセーションです。

センセーションを起こすまでの長い道のり

DUW 3001

は次世代モーター

ノモススウィングシステムが登場した直後にセンセーションとなったのはおよそ1,500,000分の時間を要す仕事でした。ノモスの自動巻きキャリバーDUW3001は、それまでのどの製品よりもフラットで薄く、より洗練されたものです。ノモス グラスヒュッテは、この10番目の自社製ムーブメントによって自動巻きキャリバーの新しい標準を確立したのです。

DUW3001を詳しく

信じられないほど薄く、信じられないほど画期的な革新性: このキャリバーが搭載された時計は、独自の優位性を証明しています。新しいキャリバーは、時計製造の世界において量産されている自動巻きのどの製品と比較してもあきらかに薄いのです。

伝統的なテンプ受けの適正な位置にブリッジがあります。 ノモスバランスブリッジとも呼ばれるこの小さな連結部品は、テンプ(すべての機械式時計にペースを設定するフライホイール)の際立った安定性を保証します。 さらに、ぜんまいを巻き上げるローターのための空間を適切に創出し、手首のわずかな動きでもエネルギーを供給します。

»「これは独立宣言である」«

Frankfurter Allgemeine Zeitung

ノモスには語ることがたくさんあります。そのおかげで、ノモスグラスヒュッテとその時計は、多くのメディアに掲載されています。