ノモスはグラスヒュッテを故郷と呼べることを誇りに思っています。グラスヒュッテは森と谷の間に押し込められた小さな町で、ベルリンの南、ドレスデンの傍に位置し、エレツ山地の東側にあります。ここで作られる時計は世界的に有名で、同時にこの町の時計師たちは、世界中の時計師の中でも最高な技術者として評価されています。

精緻な時計は170年以上にわたってグラスヒュッテで製作されてきました。そこには世界中のどこにもない伝統があります。

すべての土地の中で、なぜグラスヒュッテなのか?

世界中でもごく少数の製品だけが指定されている「グラスヒュッテ」の称号は、厳密に保護されています。このユニークな町の厳しい品質基準を強調するために「グラスヒュッテ」の名称の使用は厳しく制限されているのです。

初心者のためのグラスヒュッテ講座

ローランド・シュヴェルトナーによって1990年に設立されたノモス グラスヒュッテは、現在ではドイツの中で最も大きな機械式時計製造会社となっています。ドイツの他のどの企業もノモスほど多く時計を生産することはできません。そうなることができたのは、おそらく多くの特別なものがノモスの中にあるからに違いありません。

グラスヒュッテのノモス:ストーリー

自立

ノモススウィングシステム

2014年3月、その革命は神秘のベールを解きました。ムーブメントの心臓部をノモス グラスヒュッテが自分自身で開発し、組み上げたことが発表されたのです。時計メーカーの中では脱進機として知られているそのパーツを、ノモス グラスヒュッテはスウィングシステムと名づけました。

月に着地する、ノモススタイル

精密な時計の世界における個性的な特徴、青焼きされたヒゲぜんまいがノモス スウィングシステムの中で働いています。

谷から丘の上に登ったところにある時計工房のひとつ、クロノメトリー。多くの作業が手仕事で行われています。

»NOMOS breaks the Swatch monopoly «

Frankfurter Allgemeine Zeitung

これで終わりではない:

ノモスのアトリエから生み出されるゴールドシリーズ

ステンレススチールの時計コレクションで知られるノモスには、加えてその一つ上のレベルの時計があります。それは2013年から製造されているゴールドの高級時計のシリーズです。その時計のどれもが素晴らしく、一種の芸術です。

グラスヒュッテの奇跡のムーブメント

手作業で面取りされたエッジ、時計職人が手彫りしたメッセージ。ノモス ゴールドウオッチのテンプ受け。

コハゼバネに完璧な輝きを。手作業で磨き上げられます。

工房

時計職人の肩越しに見る

ノモスには語ることがたくさんあります。そのおかげで、ノモスグラスヒュッテとその時計は、多くのメディアに掲載されています。