ノモスウォッチはグラスヒュッテでのみ手作業で作られています。しかし、ある意味でそれらはベルリンで生まれています。そこはノモスウォッチのデザインアトリエで、有名なノモスの佇まいが創作されています。

ベルリンのクロイツベルク地区、パウル・リンケ・ウーファー。ここの2つ目の中庭にある工房のロフトでノモスの時計はデザインされています。

グラスヒュッテの時計のためのベルリン デザイン

260名のNOMOS従業員がグラスヒュッテに拠点を置き、約40名がドイツの首都で働いています。彼らはプロダクトデザイナー、コピーライターとエディター、フォトグラファー、プログラマー、プロジェクトマネージャーなどの役割を持っています。

デザイン工房を見る

ベルリナブラウの主な責務の1つは、もちろん、新しい時計を設計することです。そこでは約10人の従業員が製品デザインを専門として毎日従事しています。一部の時計は外部のデザイナーと共同で作成されますが、ほとんどがノモスの社内プロダクトデザイナーの製品です。

アイデアから手首へ

時計のケースは、プラスティックや粘土などから、紙やスクリーンの上で作られます。私たちの美学的な理想が形になっていくまで膨大な時間がかかることもあります。

»時計を着けたら、一日に30回、いえそれ以上時計を見るでしょう。私たちの時計は30万回見てもいつもあなたの腕元に喜びをもたらしたいのです。«

Judith Borowski, CBO Berlinerblau

動画

ビューティフル・タイムス:ノモスのクリエイティブ部門、ベルリナブラウ

クリエイティブチームワーク

時計のデザインが完了に近づくと、ベルリナブラウ内で他部門の創作活動が始まります。新しいリリースがリテーラーやお客様に公開されるまで数ヶ月かかる可能性があります。

時計について

時計をベストな状態でプレゼンテーション。それは商品デザイナー、フェリックス・ホブリュッカーの仕事です。皆の協力を得ながら仕事を進めます。

たくさんのインスピレーション、アットワーク シリーズの発表のように、私たちが喜んでお届けするもの。

いろいろお話しすることはありますが、私たちのデザインについて皆はどのように言っているのでしょうか?