グラスヒュッテでは、旧駅舎の工房や谷の中で高い場所にあるノモスクロノメトリー、精密機械部門、そしてシュロトヴィッツ地区の生産工場などにおいて260名を超える技術者が高品質な時計やムーブメントを製造しています。グラスヒュッテの町はノモス グラスヒュッテの心臓部であるのは言うまでもないでしょう。しかし、世界中の都市(例えばロンドンやニューヨーク、ベルリン)にはさらに多くの従業員がおり、すべてあわせると300人以上にもなります。

ムーブメントメーカーからムーブメントを買わずに素晴らしい時計を作っているメーカーは、グラスヒュッテの企業だけではありません。しかし、自身で設計から製造まで行っているメイカーは限りなく少ないのです。ノモスグラスヒュッテは自社内のみでムーブメントを開発・製造をしています。すべての時計がグラスヒュッテの社内で、工房で生産されているのです。
そしてパーツのほとんどが手作りで作られています。スライスプレート、ブリッジ、歯車、青焼きねじ、エッジの面取り作業、正確に調整されたムーブメント――最良の時計を作るということは多大な努力を要求されます。それは時としてマーケット予測から設計を始めてその時計を世の中に送り出すまでに、何年もの時間を費やすこともあります。信じられないような努力とディティールへの気遣いと共に、ノモスの時計技師は多くのムーブメントのパーツを、その手で完成させているのです。ノモスグラスヒュッテが機械を使用するのは、1/1000mm以上の精度を必要とするような、手作業ではできない範囲のみです。