ノモスの3つの象徴的な製品がリニューアル:タンジェント、ルードヴィヒ、オリオンに新しいキャリバーが搭載。各モデルに個性的な文字盤が使用できるようになりました。新たに開発された日付ディスプレイは、双方向に操作でき簡単にセットできます。しかも今まで通りの薄型デザインを実現しています。

シリーズの詳細

ドイツ製ネオマティック

クラシック製品が新たに生まれ変わりました:これら3つのアップデートモデルは、大型でスレンダー。テイラーメイドの日付ディスプレイが文字盤のエッジについています。トラディショナルで見た目にも美しい配置です。この配置は極めて革新的なキャリバー、ネオマティック・デート(DUW 6101)のおかげで実現しました。

1ヵ月間を一目で把握:アイコニックなノモス・モデル、タンジェントの新たな日付機能はそれだけではありません。時計作りの観点からも、クラウンを半回転させるだけで日付を即時変更できます。日付を過去に後戻りさせることも可能です。

極めて精巧でありながら遊び心が満載。新たな日付サーキット付きタンジェント。このスマートな日付ディスプレイは、ノモス・グラスヒュッテだけが実現できる革新的なディスプレイです。腕時計の外観のイノベーションは、文字盤の内部に美しく秘められた時計作りの技術力をエレガントに示しています。

象徴的なノモスのタンジェントモデルの日付機能が新しく:マイケル・ポールによる最高のデザイン。

マイケル・ポールとのインタビュー

» 一見シンプルだがその対極にある« Die Welt, 03/18

最もトラディショナルなルードヴィヒは4時の位置に日付ウィンドウを配置。

今すぐ探す

3時の位置に配置されたオリオンのパーフェクトな日付ディスプレイ。

今すぐ探す

バージョン

アップデートシリーズ:1つのムーブメント、3つの腕時計、3つの新たな日付表示

技術

DUW 6101キャリバー:新しくなったデザイン、高度に精巧、最先端の製造方法を使用

新たなネオマティック・キャリバー:1から開発され、精巧さと耐久性を最適化。新たな日付メカニズムがコンパクトにさりげなく組み込まれています。その結果、予定がいっぱいの忙しい毎日にぴったりの腕時計が誕生しました。

テオ・プレンツェル ノモス・デザインエンジニアリング係長、ネオマティック日付について。

今すぐ探す

何がどこにあるのか?ネオマティック日付キャリバーの内部。

今すぐ探す

エレガントなネオマティック・キャリバーDUW 6101は極めてスレンダー:ローター、日付、メカニズムには、相当なスペースが必要ですが、このムーブメントは、最大限の耐久性を持ちつつ、たったの3.6mmの薄さです。他の製品と同様、ノモス・グラスヒュッテにおいて、伝統的な研磨と特殊な彫り込みで贅沢に装飾されたキャリバーです。

日付のリングはすべてのノモス・キャリバーにおいてムーブメントの周囲に配置されています。特にDUW 6101は大型です。初の日付メカニズム付きネオマティック・キャリバーであるDUW 6101は、驚異的なスレンダーさを保っています。日付ディスプレイは、クリアで見やすいデザインとなっています。

ノモス独自のイノベーション:DUW 6101は、独自の脱進機である、極めて精巧なノモス・スイングシステムで動作します。青焼きバランススプリングが印象的なこのペースセッターにより、ノモスは他に類を見ない時計メーカーとして業界をリードしています。