バウハウスのムーブメントは2019年で100周年を迎えます。この機会を祝して、ノモスの象徴的なタンジェントモデルが、スペシャルエディションとして3色、各100個限定、しかも「100周年ディスカウント」価格で登場します。このデザインスクールの色理論にインスパイアされた、スケッチペーパーの色彩である、青、黄色、赤のサークルが文字盤を飾ります。

バウハウス・センチュリーの詳細

究極のシンプルさ

サイズは33、35、38mmの三種類。このタンジェントモデルの針はすべて、スケッチペーパーの色彩である青、黄色、赤のサークルをたどります。ノモスのデザイナーたちは、バウハウスマスターたちのスケッチブックの基本的な原則をこのウォッチに反映させたのです。それがこの、時の流れを彩るサークルなのです。

クリアなライン、角ばったアングル、象徴的な文字盤。ノモス、グラスヒュッテでは、この限定エディションでも、変わることなく、機能性を追求しています。

このバウハウス・スペシャルエディションは、シンプル、機能的、美しさという「Made in Germany」と、バウハウスの真髄を象徴しています。

新たなモデルの裏側には、ステンレススチールを使用しており、バウハウス100周年を意味する特別な刻印および限定エディションの番号、「Tangente Sondermodell – ein Jahrhundert Bauhaus, 1/100」が施されています。

» クリーンカット、いくつもの賞を受賞したバウハウスのスタイル« Mr. Porter (07/18)

バージョン

限定エディション・タンジェント:ブルー、レッド、イエローの3色、3つのサイズ。

腕時計の本質を追求

ノモス・グラスヒュッテのバウハウス・センチュリー

タンジェントはデザイン・クラシックであるだけでなく、ノモスを象徴する腕時計。しばしば「バウハウス・ウォッチ」とも呼ばれます。しかしながら、このドイツのデザインスクールと、この腕時計にどのような共通点があるのでしょうか?

ノモス・グラスヒュッテとバウハウス

技術

NOMOSの手巻きキャリバー、アルファは、グラスヒュッテで手作業で製造されており、裏側は強固な特別限定エディションの刻印付きステンレススチール製です。

この限定エディションのタンジェントは、ノモスの手巻きキャリバー、アルファの伝統的なメカニクスを使用しています。高さわずか2.6mmでありながら、極めて精巧で信頼性高く、6つの位置で調整可能です。